風とともに

この歳になってサイクリングを始めることになりました。無理をせずに、ブログの発行とサイクリングの継続に頑張ります。気軽にコメントして下されば嬉しく思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代絵巻の斎王まつり

松阪市の隣町、明和町で斎王まつりがあるということを新聞で知り、ぜひとも見た
いと思っていた。ネットで祭りのスケジュールを調べ、10時過ぎに出掛けた。
大体の地図は頭に入っているので、スタート地点の歴史ロマン広場に向かうことに
した。ロマン広場には、いつきのみや歴史体験館の横にあり、斎宮史跡の1/10
の全体模型が設置されている。

史跡全体模型

本物らしく見えるが模型である。案内係人の話では、1970年に史跡が見つかり、
今まで発掘されたのはまだ全体の20%くらいだそうである。完了するまでにはま
だかなりの年月が掛かるようだ。単純計算で100年以上も掛かる計算である。

スタート地点のロマン広場は、さすがに人はいない。

祭りの会場

いよいよ斎王の禊ぎの儀式が始まった。

斎王の禊ぎ

斎王入場

斎王の禊ぎが終わって、斎王は皆が待つ場所へと移動する。
そして群行前に、斎王の伊勢神宮行きを前に、斎王を送る舞が始まる。

斎王の送迎の踊り

まつりが始まってから、ブルーシートに座る観客のほとんどはカメラマンである。
どこでもそうだと思うが、カメラマンの多くはアマチュアカメラマンで、しかも、その
ほとんどは60歳を超えるお年寄りである。若い人は少ない。現場には松阪ケー
ブルテレビ、三重テレビも来ており、前列の一番いい席に三脚を据えている。
被写体の中に大きなTVカメラが入って邪魔になる。私達にとっては邪魔なTV局
だが、町の実行委員会にとっては、町おこしの宣伝になるからいいのだろう。

アマチュアカメラマン

群行のスタートまでまだ1時間近くある。群行コースを下見するため、歴史博物
館前へ移動し、さらに旧参街道へと廻った。軽く流す。群行コースでの撮影ポイ
ントを探すためである。ちょうど一方通行になる場所の手前にスペースがあり、
自転車を止める場所があったのでそこで待つことにする。集まった人と話しなが
ら待つが、群行がいつ来るか分からない。スタート地点をすでに出発はしているが
この辺りの通過時間が分からない。今日は思ったほど走っていないのでまったく
疲れていない。群行が来る方角に向かって歩くが、群行の先頭はかなり先にある
ようだ。やっと群行が見えた。

群行風景

斎王の御車もやって来た

斎王の御車

何枚もの着物を重ね、がたがた道をクッションの悪い御車(台車)に揺られてさぞ
かし苦痛だろう。顔にはびっしりと白粉を塗られ、暑さもひとしおだ。しかし斎王さ
んは、なかなかの美人のようである。

斎王のアップ

可愛く微笑んでおられる。観客から「~~ちゃん」と名前が呼ばれと、そちらの方
を振り向いて、またニコッと微笑む。笑顔が素敵な斎王さんである。

他の従者

斎王付けの女官

群行を見ることが出来、自転車を止めた場所へと戻り、早めに帰路につくことに。
日曜日のせいか思いのほか車も少なく、快調に参宮街道を走る。今日はまったく
疲れていない。田植えの終わった田舎の風景が続く。晴れた日に走ると、顔に
あたる風も心地よい。ほんとサイクリングはいいね~。

最後まで読んでくれてありがとう。




にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
にほんブログ村   ← ブログランキング参加中です♪ よろしければクリックお願いします。(^_^;)ゞ


スポンサーサイト

松阪城で花見

昨日松阪城へ花見に行って来ました。
風は少し強かったのですが、花見日和でした。

歴史民族
歴史民族資料館  松阪城の入り口にあります。

桜2
松阪城跡の茶店付近の桜

桜4
松阪城跡の桜

桜9
本居宣長記念館の入り口

武家屋敷
松阪城から見た御城番屋敷

さくら13
松阪城から見た市内

歴史民族資料館
松阪城から見た歴史民族資料館

 

 


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
にほんブログ村

春のサイクリング

今日は松阪城からベルファームをポタリングしました。休憩も入れて往復
4時間のコースでした。

本居宣長の旧宅跡

家から本居宣長の旧宅跡を訪れました。

松阪城

松阪城の入り口です。まだサクラは咲いていません。

御城番屋敷

城の近くにある御城番屋敷の並びです。今でも子孫が住んでいます。

イングリッシュガーデン

ベルファーム内にあるイングリッシュガーデンの入り口です。
花はこれからです。

花
イングリッシュガーデン内にある花です。

菜の花畑
ベルファーム内の菜の花畑です。

往復4時間のポタリングでしたが、身体の方は慣れて疲れなくなりました。
これからもメタボからの脱出に頑張ります。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
にほんブログ村

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

machan

Author:machan
御訪問有難うございます。
毎日更新を意識せず、
気楽にマイペースで綴ります。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

私の俳句 or 川柳

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。