風とともに

この歳になってサイクリングを始めることになりました。無理をせずに、ブログの発行とサイクリングの継続に頑張ります。気軽にコメントして下されば嬉しく思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢神宮までポタリング(その2)

前回の訪問からちょうど1週間である。風も少なく、絶好のサイクリング日和である。
伊勢神宮の春季神楽祭が28日から始まり、30日まで舞楽が公開されると聞いて
もう一度サイクリングで行くことを決めた。

前回のコースを替え、信号の少ない国道23号線を走ることに決め、予定より早めに
出発した。明和町の斎宮まで県道37号線(以前は国道23号線)を走り、斎宮の先
から国道23号線(以前は南勢バイパスと呼んでいた)に入る。信号がない分快調に
走ることが出来る。しかし車はゴールデンウイークのせいか、かなり多いようだ。
ところが、走り出して気付いたのだが、以前はバイパスの道路であり、旧道と比べる
とかなり大回りに道が出来ていて、直線的に出来ていない。だから、距離は旧道より
ずいぶん遠回りになる。自動車なら信号の少ない分有利だが、速度の遅い自転車で
は逆に不利なコースになる。車に注意しながら走り、約2時間掛かった。前回より45
分余分に掛かった勘定である。

舞楽の開始時刻を10分遅れたが、急いで舞台へ向かう。笛や笙(しょう)の音が流れ
実に優雅な気持ちで参道を歩く。

IMG_0009_20090430185620.jpg

舞台の前には大勢の人が詰めかけている。他の参拝客と一緒に華麗でゆったりとした
舞を楽しむことにした。

IMG_0015.jpg

IMG_0014_20090430185303.jpg

上2枚の舞は武勇をたたえて作られた一人舞いの「蘭陵王」というものだが、解説が
ないのでよく分からないが舞自体はゆっくりしている。昔のリズムはすべてこんな調子
なのだろうかと思うほど、まどろかしい。イライラするほど長い舞である。同じ舞の繰り
返しばかりで、今の時代の人には合わないだろう。まだ能舞台の方がましだ。

IMG_0017_20090430185338.jpg

IMG_0016.jpg

次の舞は、蝶が遊び戯れるかのように4人で舞う「胡蝶」で、女性の登場である。
平家や源氏の時代の白拍子はこんな感じだったのかと想像しながらきらびやかな舞
に引き込まれる。しかし、蝶はなかなか動かない。まるで花に止まった蝶のように動か
ないのだ。やっと動き出したが、先ほどの一人舞いと同じでテンポが遅いし、同じ繰り
返しの振り付けでは、しばらくすると飽きがくる。よほどの神楽好きでないと耐えられな
い舞である。せっかく来たのにと思いながら、宇治橋の架け替え工事を見に行った。

IMG_0023.jpg

IMG_0024.jpg

IMG_0025.jpg

橋に使われる木材は50~60cm角もあるような太い木だ。今時これほど太い木は
なかなかないだろう。さすがにお伊勢さんの20年毎の式年遷宮はたいしたものである。
この太い木もかすかにカーブをつけて削られている。

最後に「おかげ横丁」の写真をどうぞ。連休のせいか人ごみも前回よりは増えている
ようである。

IMG_0028.jpg

帰りは結局37号線(前回と同じ)道路を走ることにした。風もなく今回は快調に走る
ことが出来た。往路の国道には参った、参った。もうこりごりである。





にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
にほんブログ村   ← ブログランキング参加中です♪ よろしければクリックお願いします。(^_^;)ゞ

« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

machan

Author:machan
御訪問有難うございます。
毎日更新を意識せず、
気楽にマイペースで綴ります。

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
にほんブログ村

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

私の俳句 or 川柳

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。